女医ブログBlog

2022/06/29

果たして本当に結婚することが幸せなのか⁉︎

こんにちは‼︎
歯科医師のゆうです‼︎

梅雨の季節、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
雨がとにかく苦手な私は、梅雨が一年で最も苦手な時期です。そんな私は、水不足になってしまうのも困ると思いますが、なるべく雨の少ない梅雨になることを毎年密かに願っています。


パートナーの裏切り行為


みなさんにとってパートナーの裏切り行為はどこからだと思いますか?

✅異性と連絡を取るだけでも裏切りだと思いますか?
✅2人だけで食事に行ったら?手を繋いだら?
✅身体の関係を持ってしまったら?
絶対に許せないボーダーラインは人によってさまざまかと思います。

私の場合、気持ちが入ってしまったらそれはもう裏切り行為と思いますが、そもそも男の人というのは自体は遊びたい願望に溢れた生き物であり、たとえ身体の関係を持ってしまったとしても気持ちさえ入っていなけば本当の裏切りとは思わない、そのように考えています。

では、束縛に関してはどうですか?
🔘束縛されても平気ですか?
🔘そもそも束縛はしますか?

束縛こそが愛情と言う人がいますが、私は束縛はするのもされるのも好きではありません。お互いを縛り付けるような窮屈なお付き合いはしたくないです。

お互いの価値観を尊重し、信じあい、ある程度の距離感を持って思いやりを持って付き合っていける相手こそ、理想のパートナーだと思っています。


多趣味なお嫁さん・無趣味な旦那さんの行方


さて今回は私の同業の友人Cちゃんについてお話していきたいと思います。

最近1年前からお付き合いを始めた彼と、同棲を経て、結婚したCちゃん。多趣味でアクティブなCちゃんが結婚したお相手は、10歳上でとっても穏やかで、優しく、何かを決める時はいつもCちゃんに選択権を譲ってくれ、常にCちゃんのペースに合わせてくれる男性Dさん。

Cちゃんは、そういうDさんとだったらきっとこの先幸せな家庭を築いていけるだろうと思い、結婚を決めたとのことでした。

そんな新婚で幸せいっぱいのはずのCちゃんですが、最近頻繁にDさんと揉めるようになったとのこと。

どうやらCちゃんが、自分の趣味で家を空けることが多いことが原因となっているんだそうです。多趣味のCちゃんの趣味の1つが観劇で、Cちゃんには結婚前からずっと追いかけている1.5次元俳優さん、つまりは"推し"がいます。

Cちゃんは、結婚後も結婚前と変わらず、その推しの舞台公演があると、彼を追いかけては全国の劇場を飛び回り続けています。

彼女には観劇仲間がいるので、観劇はそのお友達と行くため、その度に旦那さんは1人でお留守番しているそうです。ですが、Cちゃんの偉いところは、自分の趣味のための費用は自分で稼いでいるところ。なので結婚後も変わらずフルで働き続けています。

帰宅後に旦那さんのご飯を作ったり、お洗濯やお掃除などの家事をこなし、家庭のことも完璧にこなしているCちゃん、そんな彼女を私は本当にすごいなぁといつも感心し、尊敬の眼差しで見ています。

Cちゃんとは真逆の、無趣味なDさん。ではなぜ、そんな共通点の無い2人が生活を共にし、結婚にまで至ったのかというと、コロナという特殊な環境が大きく影響していたようです。

というのもこの1年間、コロナ禍で舞台やイベントがことごとく中止となってしまい時間の出来たCちゃん。そんな彼女は、もともと旅行好きということもあり、Dさんを誘っては、日本中、色々なところに旅行へ行って過ごすようになりました。

そして付き合って1年記念の沖縄旅行の際にDさんがプロポーズし、2人は結婚する運びとなったわけです。

結婚後も変わらず順調にいくかと思えた2人ですが、コロナ感染者が減り、緊急事態宣言が解除されると、イベントや舞台が開催されるようになり、それと同時にCちゃんの推し活が再始動し始めました。

Cちゃんが推し活で家にいない間、Dさんはいつも1人寂しくお留守番。地方出身のDさんは、近くに親しい友達がほとんどいないらしく、これといった趣味も無いため、Cちゃん不在のお休みの日はいつもする事がなく、1人で暇を持て余してしまっているのだそうです。

そんなDさんを見かねて、Cちゃんは幾度となく、いろいろなことをチャレンジするよう提案してきたそうですが、結局どれも長続きせず、今でも無趣味なのは変わりないとのことです。

もしかしたら、Dさんは、こんなにもCちゃんの推し活が増えて、自分がほったらかしにされるとは思ってもみなかったのかもしれません。

とは言っても、お付き合いしている時、DさんがCちゃんの行動に、口出しする事は一度もなかったそうで、Cちゃんからしてみたら、こんなはずじゃなかったといった感じなんだそうです。

結局どちらかが依存する関係性だと、バランスが崩れた途端に、お互いの不満が積み重なり、このような問題が生じてしまうことになってしまうんですよね。

Cちゃんの場合は自分の出来る時間とお金の範囲内で思う存分趣味を楽しんでいるので、一見問題ないようにも思う気持ちも分からなくはないです。

ですが、結婚し、生活を共にしているパートナーがいる以上、パートナーを思いやり、歩み寄りながら、お互いが気持ち良く生活していけるようにしていくことこそ、最低限のマナーなのでないでしょうか。

私自身も、Cちゃんの話を聞いてから、結婚すると独り身の時のように好き放題できないのだなぁと改めて思い知らされました。一人でいることに慣れてしまい、全く寂しいと感じることがなく、自由で楽しいと感じてしまっている自分が恐怖に覚えてしまったくらいです。(笑)

今が自由で幸せであればあるほど、結婚に対するハードルが高くなってしまっているような気がします。人生を共に歩んで行きたいと思えるパートナーが現れるまで、自由な独身生活を思う存分楽しんでおこうと思います。

そしてそして、やはり、私は、お互いに自分の時間を大切にし合える、バランスの取れた大人な関係を築いていけるパートナーがご理想だと、改めて再確認させられました。


果たして今後私はどうなるのか…
素敵な報告ブログが書けるように頑張ります‼︎

Archive

ページトップへ