女医ブログBlog

2022/06/25

結婚とは?夫婦とは?

こんにちは!
元外科系女医めぇこです。


コロナ禍の友人結婚式


先日、2年ぶりに結婚式に参列してきました。
コロナ禍のため2回の延期を乗り越えてようやく迎えた晴れの日でした。

婚活を乗り越えた医療従事者同士の結婚ということでゲストを大勢招待することに賛否両論あり苦悩もあったようですが新郎新婦の幸せそうな姿を見て私も幸せな気持ちになりました。

誰だって人生一度(であって欲しい)の晴れ舞台を沢山の人にお祝いして貰いたいですよね。
きっと新郎は新婦の願いを何とか叶えてあげたかったのだと思います。

子供を持ってから初めての結婚式でしたが親目線で新郎新婦を見てしまい、いつも以上に泣けてきました()友人の末永い幸せを願います♪久し振りに再会した同期達はほとんどが親になっており、子育て話に花が咲きました。なんだか感慨深かったです。

 


新しい家族のスタート


さて、幸せいっぱいのお話はここまでです()

皆さま何度も聞いたはず・・・結婚はゴールではありません!!!新しい家族のスタートなのです!!!もう耳タコですよね。ごめんなさい。

価値観が似ているからこそ結婚に至った夫婦は大勢いるでしょう。しかし一人としてDNAが同じ人間がいないように価値観が完全に一致することはありません。

よく芸能人の離婚理由に“性格の不一致”ということが挙げられますよね。

なぜ結婚前にそれがわからなかったのかと疑問に思う方もいるかもしれません・・・が、意外とわからないものです。交際期間が長くても同棲期間が長くても、結婚生活はまた別です。恋人時代はまだお互いの良い所しか見えないようフィルターが掛かっています。


結婚して恋人から家族になると、そのフィルターがいつの間にか消え去り些細な“不一致”が見えてきます。フィルターの代わりに今度は虫眼鏡を装着し隅々まで見えてしまいます。

しかし、それを否定するのではなく受容し互いを尊重しあうのが“夫婦”というものだと最近悟ってきた気がします()そして夫婦は人生を歩む同志であり戦友です!(これは父からの教えです)大事にしなければいけません。

幸い、私と夫はどちらも穏やか(特に夫)なので価値観の違いが原因で喧嘩に発展することはありません。夫が尻に敷かれているのかしら?()

私はまだ育休中ですが、毎日頑張って仕事をしてくれて育児も家事も積極的な夫には、感謝しかありません。

私達は日頃から「ありがとう」と感謝の言葉を口に出すことを大事にしています。思っていても口にしないと相手には伝わりませんからね。

先日の母の日には美味しいお料理と花束をプレゼントしてくれました。日頃の感謝に加えてこういった節目節目で相手を思うこともまた夫婦の絆を深めることが出来ると思います。

今から価値観の違いを許容できる大らかな心、感謝の言葉を口にする習慣を習得しておきましょう。

Archive

ページトップへ