女医ブログBlog

2022/09/10

子育て奮闘

こんにちは!
元外科系女医めぇこです。

夏の異常な暑さも落ち着き、過ごしやすくなってきましたね。皆さま日々診療お疲れ様です。

私事で恐縮ですが、先月子供が1歳の誕生日を迎えました。この1年は長かったようなあっという間だったような・・・内容が濃い歳月でした。


子育ての大変さと喜び


妊娠がわかった時の喜び、悪阻で苦しんだこと、毎回の妊婦健診で赤ちゃんに異常がないかドキドキしていたこと、陣痛で死ぬんじゃないかと思ったこと、赤ちゃんと初対面した時の幸福感、産後ボロボロの状態で育児の洗礼を受けたこと、何をしても泣き止まず一緒に泣いてしまったこと・・・書ききれないぐらい多くのことを経験しました。

子供1歳、ママとパパも1歳ですが、私は子育てに自信なんて持てないしまだ若葉マークを付けておきたい気分です()悩みが解決したかと思えばまた新しい悩みが出てきます。落ち込んで自分を鼓舞しつつ夫に励まされ、また落ち込んで・・・の繰り返しです。子育てには正解がないと言われますが、逆にそれが悩みの種になることもあり、我が家流の子育てを模索している日々です。

これが確立した時には子供は巣立っているのでしょうね()空の巣症候群にならないように気を付けようと思います。1歳になった子供は、驚くべき成長を遂げました!小児科の授業や研修で赤ちゃんの成長・発達については知っているのに実際に我が子で体感するといちいち感動していました()

 

新生児の時は全身フニャフニャの軟体動物で触るのも怖いくらいでしたが、今では逞しくなり高速ハイハイや調子が良いと歩く姿を披露してくれます。遊び食べやいたずらでイライラしてしまうこともあります。意思表示も出来るようになり拒否の表現が激しいです()「ママ」や「パパ」も言えるようになり大声で呼んできます()既に可愛くてメロメロですが、友人からこれからも可愛さ倍増すると聞き、私達夫婦はぶっ飛ぶのではないかと危惧しております()

 

1歳の誕生日ではお野菜お寿司と赤ちゃん用ケーキを作ってお祝いしました。これからもスクスクと元気に育って欲しいです。最近、私の聴診器で遊んでいることがあるので、医者に興味あり??将来は医者になるのかな?と少し期待している自分もいます()子供に自分の期待を押し付けることは良くないので胸に秘めておきますが・・・

 

そして子育てあるあるだと思いますが、保育園での発熱からの呼び出し!には悩まされますね。職場は子育て世代に理解がある方ばかりなので何とかなっていますが、本当に周囲に支えられながら今があるのだと感じます。私も子育てがひと段落したら後輩達を支えられるくらいの肝っ玉母ちゃんになりたいです。

女医は医師業務だけで大変なのに更に妻・母親業務が追加されると、体は完全燃焼だけどやるべき事は不完全燃焼・・・というように毎日が過ぎ去っていくかもしれません。

ですが!!独身時代では味わえなかった幸せも沢山あります!結婚は決して墓場ではないですよ。皆さまが素敵な方と出会って幸せな家庭を築くことを願っています。

Archive

ページトップへ